「フェミニズムと考える働き方と暮らし」を開催しました!

「フェミニズムと考える働き方と暮らし」を開催しました!

働き方と暮らしの研究部は、自身の羅針盤となるような事業計画を作るために、自分と向き合ったり、様々な価値観に触れたりする活動を行っています。誰もがその人らしく働いて暮らしていくヒントを得るために、「フェミニズムと考える働き方と暮らし」を実施しました。

🔶開催概要🔶

■開催日時

2022/12/7(水) 13:00~14:00 Day1

2022/12/21(水) 13:00~14:00 Day2

■会場

オンライン(Zoom)

■参加人数

のべ40名

■ワークショップ主催

MIRAIS 9期 働き方と暮らしの研究部 運営メンバー

■内容詳細

Day1 日常にあふれる性別役割分業・バイアスに気づく

運営メンバーからフェミニズムの歴史と「上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!」※の概要を紹介しました。「女性・妻・母だから○○しなきゃ」「男性・夫・父だから○○すべき」といったバイアスについて、身の回りにどんなバイアスがあるか、なぜそう思ってしまうのか、などを参加者同士で対話しました。

Day2 フェミニズムの視点で自分の日常を見直し、行動する

自分たちの働き方、暮らし、パートナーシップ、子育てでどんな一歩が踏み出せるのか、考えました。

参加者からは、

「フェミニズムは個人を大切にし、弱者は弱者のままでいて良いという考え方。フェミニスト=とっつきにくい人と思っていたが、そうではなかった」

「自分がフェミニズムについて考えることが、娘の生きやすさにもつながる気がした」

「男の子がドレスを着たりすると無意識に違和感を感じてしまう。どう考えていけば良いんだろう?」

などの感想がありました。

ジェンダーギャップ指数が低い日本。個々人がこの問題と向き合い、小さな行動を積み重ねることで、誰もが生きやすい社会が実現することを願っています。

(文:MIRAIS 9期 働き方と暮らしの研究部 運営メンバー)

※上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

出版社:大和書房

発売日:2020/1/10

https://www.amazon.co.jp/dp/B086DM4J9Z

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?