ストレングス・ファインダー勉強会 自分も相手も見方が変わる!ストレングス・ファインダー®結果のなるほど!な使い方講座

MIRAISの9期生向けにストレングス・ファインダーの勉強会を開催しました。

ストレングス・ファインダーとは米国ギャラップ社が開発した「才能診断ツール」です。ウェブ上で177個の質問に答えて自分の強みを知ることができます。

実際にMIRAIS生も診断を受けてみると、「なるほど」と納得する方もいれば、「しっくりこない」「本当に強みになるの?」「活かし方がわからない」という声も聞かれました。

そこで、今回はGallup社認定ストレングスコーチの西岡幸子先生をお招きし、ストレングス・ファインダーの基本や、強みを活かす方法を教えていただきました。

西岡先生は、MIRAIS3、6、7期でもストレングス・ファインダーのワークショップにご登壇いただいた先生です。貴重な育休中の時間を充実させてほしい!と講師を引き受けてくださいました。

勉強会の内容の一部をご紹介いたします。

【開催概要】

■開催日時

2022/12/23(金) 10:30~12:30

■会場

オンライン(Zoom)

■参加人数

71名

■ワークショップ主催

MIRAISセルフラベルプロジェクト


【勉強会内容】

<私たちは一人ひとりが唯一無二>

自分と同じ上位5資質を持つ確率は…なんと3300万分の1。つまり、私たちは唯一無二の存在。また、資質は時が経っても大きく変化することは無いとのことです。そのため、誰かの真似をしたり、できないことを補うよりも、自分の強みをフォーカスして活かしていくことが大切だという話をしてくださいました。


<自分の強みを活かすための3つのプロセス>

① 見極める(Name it!)

診断レポートから自分を言い当てている言葉を選び理解する

② 明確にする(Claim it!)

自分の資質の特徴を言葉で伝える

③ 狙う (Aim it!)

なりたい自分を意識して行動する

自分の持っている資質をわが子のように愛でてほしい。という言葉も印象的でした。


<資質証言ワーク>

勉強会の後半では3~4人のグループに分かれて、自分の資質を証言するワークを行いました。

診断レポートから自分がしっくりくる言葉や文を選び、グループの仲間に証言します。

20分間のグループワークを終えると参加者からは、

・一人ひとりにいい所があって褒め合うことができた。

・相手の得意なことがわかると仕事でも頼りやすい。会社でもやってみたい。

・メンバー同士で持っている資質を補う方法を話せた。

・同じ資質をもっていても、組み合わせにより違う活用方法をしている事がわかった。

・職業と資質がリンクしていたので、納得。復帰後に意識したい

という感想が寄せられました。


最後に、先生からいただいた素敵な言葉をご紹介します。

We’re not here to be average. We’re here to be awesome.

「平均的な誰かになるためにここにいるのではない。それぞれが素晴らしいものを持っていて特別な存在になるためにここにいる。」


【当日の写真】

勉強会を終え、改めて自分の強みを認識することができました。活かし方は人それぞれ、色々なアプローチの仕方があることも学びました。

また、グループの仲間が持っている資質やそれに伴うエピソードを聞くことができ、ぐっと絆が深まりました。家族や復帰後の会社でも、自分と相手の強みを意識し、より良い関係性を作りたい!と前向きになれた時間でした。

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?