「こどもの成長を傍で見届けよう 〜改正育休法で叶える夫婦同時育休のすすめ〜」を開催しました!

厚生労働省認定イクメンの星!“育Qドットコム”広中代表とコラボイベントを開催しました。

🔶開催概要🔶

■開催日時

2022/9/7(水) 12:00~13:00

■会場

オンライン(Zoom)

■参加人数

80名強

■講師

育Qドットコム株式会社 代表取締役社長 広中秀俊 

(HPはこちら https://19-q.com)

1977年山口県下関市生まれ。大学卒業後、ミサワホーム入社。

住宅営業、経理、まちづくり事業、働き方改革推進を経験。

2児の父親であり、厚生労働省から「イクメンの星」に認定され、イクメンスピーチ甲子園2018では審査員を担当。「育休で日本を元気にする」をミッションに、男性育休が当たり前になる世の中を目指し自治体や企業向けに研修、コンサルを展開する。

約20年間の会社員生活を経て2019年4月からは独立し、収入の分散化を図りポートフォリオワーカーを実践。一般社団法人ONE JAPAN Resource Management監事、一般社団法人Cancer X監事、新宿区100人カイギ代表。

日経DUAL、テレ東Bizなどメディア出演多数

■内容詳細

2022年4月から改正育児・介護休業法が段階的に施行され、10月からは新たな産後パパ育休制度が始まります。私たちMIRAISメンバー間でも「夫にも育休取って欲しいのになかなか難しそうなんだよね」という会話があったり、まだまだ男性育休の普及は進んでいないと実感しています。

そこで広報チームでは”育休の思い込みを変えていこう”というチームミッションのもと、男性育休が当たり前になる世の中を目指して活動する“育Qドットコム”広中代表とコラボし、イベントを開催しました。

前半は広中氏に登壇いただき、男性の80%は育休取得したいと思っているが実際の取得率は12%程度であること。世の中の流れとしては取得推進ではあるが、言い出しづらいと考えている人が多いという実態への考え方や法制度について、男性が育休を取りやすくなるためのヒントをお話しいただきました。

後半はMIRAISメンバーの夫婦同時育休を取得した夫婦2組を迎え、育休取得してよかったこと、大変だったこと、復職後の意識変化など、育休取得したからこそ気づいた点を座談会形式で話しました。

参加者からは、

「フランスは子育てに理解があるというイメージだったけど、より日本の法整備が充実していることにびっくりです」

「子どもが2人いたら、上の子をみてもらえるのは、すごくありがたいかも」

「パパ育休者にワーママがアドバイスできるんだ!」

「夫婦ともに後悔ない育児をしたいと改めて思いました。夫と今日話し合ってみます」

など多数の感想をいただきました。

男性育休取得者への注目は高く、本イベントは人事担当者からの申込み、複数のメディアから取材をうけております。育休取得したいと考える男性の後押しや、長期育休取得は後ろめたいと感じる気持ちに少しでも変化が生まれたら幸いです。


<“育Qドットコム”広中代表とMIRAISメンバーの夫婦同時育休を取得した夫婦2組>

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?