【活動レポート】「ストレングスファインダー ワークショップ②基礎編」を実施しました!

ストレングスファインダー診断を受けてみたけれど、診断レポートを読むだけでは日常生活や仕事でどう活用したら良いかわからない…。MIRAISメンバーで自分について深掘りしたら楽しそう!そんな思いから、ストレングスファインダー(SF)イベントを2回にわたって開催しました!

第1回目の入門編でSFについての基本を学び、第2回目の今回は、自分の資質について理解を深めました!


【開催概要】

②SF 基礎編 

<日時・参加者>

    日時    : 2021年9月15日(水) 10:00~12:00

  会場    : オンライン(Zoom)

  参加人数  : 38名

 <内容>

・講座          :SF基本のおさらい

・ワーク&シェア+解説  :「わたしの資質のモチベーションスイッチマニュアル作り」

                                            同じ資質の人と資質理解を掘り下げる

・QA                             :疑問質問に回答


【講師】

 クリフトンストレングスファインダー®Gallup社認定ストレングスコーチ 西岡幸子先生


 講師は、MIRAIS 3期からお世話になっている、Awesome!のストレングスファインダーコーチの西岡先生です。とても丁寧に教えていただきました。


内容の一部をピックアップして公開します!


「わたしの資質のモチベーションスイッチマニュアル作り」

 SFの診断結果をもとに、同じ上位資質を持つ参加者同士でワークを行いました。今回の参加者達が取り組んだ資質は、「学習欲、共感性、個別化、コミュニケーション、最上志向、社交性、慎重さ、責任感、調和性、内省」です。

 

 ワークでは、対象となる資質から出てくる言葉や行動を思い出し、下記内容をテーマに各自記入していきました。


<書き出し内容>

・特長ワード

・こんな価値持ってます

・こんな条件・環境・状況で活躍できます

・思わず言ってしまう言葉・よく言われる言葉

・こんな役割・仕事はお任せください!

・こんな時暴走・迷走してしまいます


参加者同士で「こんなこと言っちゃうよね〜。」など言い合いながら各グループで盛り上がっていたようです!その後、全体でシェア&西岡先生の解説です。

 

 違う上位資質を持つグループの発表では、「そんな風なんだ!」という驚きを感じ、同じ上位資質を持つ各グループの発表では共感の嵐でした。

                                                         (講師:西岡先生)


自分の資質を愛そう

「他の人の資質は良いなあ。」と思う時もありますが、「自分の資質にも必ず良いところはある!」という事実に、同じ資質を持つ参加者達と話し掘り下げることで気付かされました。これからは自分の資質を愛していきたいです!


また、今回のイベントでは診断レポートにある上位資質(※多くの方は上位5つの診断結果を取得)のうちの1つの資質について深めたのですが、後日コミュニティ内で自分の持つ他の上位資質についても深めたいと集まるメンバーが多数現れ、誘い合って個別開催にまで発展しました! MIRAISでは一つのイベントからシリーズ化されたり、スピンオフされることも多く、日々みんなで楽しく活動しています。

(文:MIRAIS 6期イベントチーム)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【Zoom写真】


【参加者の声】

・診断して満足してしまうSFの活かし方を学べた。同じ資質をもつメンバーとのワークはとても楽しかった。

・SF診断シートを見たり、一人で内省するだけでは得られない気づきが多く、効率的かつ具体的に自分らしいアクションを考えられました。

・同じ資質を上位に持っていても、その他の資質が違えば微妙な違いが生まれるんだということがよくわかりました。


【講師紹介】

西岡幸子先生 (「Awesome! 」 クリフトンストレングスファインダー®Gallup社認定ストレングスコーチ )

2020年12月現在、70を超えるセッションを提供、延べ350名以上の方に提供。

神戸大学農学部卒業後、2000年に外資系消費財メーカーP&Gに入社。生産統括本部にて、エンジニア、テクノロジーリーダーを経て、グループリーダーとして乳幼児向け紙おむつの新製品に関わる資材技術開発に従事。

2児の母として、2006年・2009年に計2年間の産休・育休と3度の時短を活用しながら、フルタイムに戻り、復帰後も年数回の海外出張もこなすなど、技術系マネージャーのロールモデルとしてキャリアを歩んだ。

40歳を迎え、「これまでの経験を、多様な人との関わりを通して、柔軟に組織と人の成長に携わっていきたい」という新たなキャリアミッションを見つけ、2019年P&Gを退職。

自身のキャリア継続のきっかけとなったクリフトンストレングス®(通称:ストレングスファインダー®)を今後活かしていきたいとGallup社認定ストレングスコーチを取得し、2020年1月に「Awesome!」を創業。

HP:

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?