【活動レポート】MIRAIS代表栗林登壇!2/8オンラインイベント「わたしらしい育休と未来図を描くために『今』できること」

\イベント中にクラウドファンディングが目標金額到達/

【開催概要】

日程 :2021年2月8日(月)

時間 :12時〜13時半

場所 :オンライン(ZOOM)

2/8に育休コミュニティMIRAIS主催イベント「わたしらしい育休と未来図を描くために『今』できること」をMIRAISメンバーだけでなく外部の方も含むオープンな参加無料イベントとして開催しました。

当日は90名を超える方にご参加いただきました。

イベント内容は以下の3つのセッションで構成されました。

1:Keynote Session

MIRAIS代表の栗林真由美(まゆみん)とMIRAIS公式手帳『MIRAIS PLANNER』通称“ミラプラ”の発起人の紅露香織(ころちゃん)が登壇し、本企画の背景やミラプラの内容、意義等についてご紹介しました。

なぜ今、紙の手帳なのか、なぜ育休者の手帳なのか、その手帳って具体的にどんな内容なの?ワーク型手帳のワークの内容は?等について、参加者の気になる疑問を一つずつ丁寧にお答えしていきました。またこの手帳を作るうえでこだわったポイントや想いもお伝えしました。

2:Panel Talk

育休中にミラプラのモニター版を活用し、その後復職したMIRAISのOGのわだちゃんをお招きし、ミラプラをどう活用したかやその効果、また復職後にもどう活かしているかをお伺いしました。

育休中と復職後の両方の状況での手帳の使い方、向き合い方等を具体的にわだちゃんの例を出してお話していただけたので、育休中に使いたい方にも復職後でも使いたい方にも参考になり、自分も実践できそうというイメージを持つことができて非常にためになったと思います。印象的だったのが今まで手帳を使っていなかった時は、やりたいこととtodoが頭の中でごちゃまぜになってしまっていたのが手帳に書くことで整理でき、やりたいことを具体的な行動へ移すことができるようになって実現できたというお話です。手帳の可能性は無限だなと感じました。

3:Work&Talk

ミラプラに実際にあるマンスリーページのワークを約5分それぞれ個人で行いました。また、ワーク後、参加者同士で数人のグループに分かれ、記入内容について共有をしたり、育休の過ごし方、どんな育休の終わり(復職)を迎えたいかについて情報交換を行いました。

グループワークは少しの時間でしたが、『実際ワークをしたことで自分がしたいことがはっきりした』、『後少しと思って嘆くだけだったけど具体的な行動をしようって思えた』、『これからの産休に向けてワクワクしてきた』等、色々なポジティブな感想をシェアし合いました。

驚くべきことに、このイベントの最中に、な、な、な、なんとクラウドファンディングで目標金額の90万円に到達しました!!!

参加者の方々が、登壇者の話を聞きミラプラに興味を持ってその場で何人もご支援してくださったのです!

まさかイベント中にクラウドファンディングで目標達成するなんて、そんなドラマティックな展開を誰も予想しておらず、我々プロジェクトメンバー一同、ただただ皆様に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

参加者の方々から「クラウドファンディングを達成する瞬間に立ち会えて嬉しい!」「おめでとう!!」という嬉しいお声をいただき、多くの方々と100%達成の喜びを分かち合うことができたという記憶に残るイベントとなりました。

皆様、ミラプラに込められた想いに共感し、支援していただき本当にありがとうございます。

参加された方からは

『企画者のみでなく、実際に使っている方の感想が聞けたのがよかったです。ありがとうございました。』

『理念も仕様もとっても共感しました!』

『クラファン達成の瞬間を一緒に過ごせて嬉しかったです!!』

『「育休中は手帳のページが白紙になる」という話に共感しすぎて涙が出てきてしまいました。どの話も思いが十分すぎるくらい伝わりました。』

『手帳の作成過程やこだわりを見れば見るほど、これは理想的な手帳だと感じたのでクラファン支援させていただきました。』等とても嬉しい感想をいただきました。


◆クラウドファンディング概要

《プロジェクト名》

#育休を白紙ページにしない!未来図を描くワーク型手帳を届けたい!

 《募集期間》  2021年1月20日(水)~2月26日(金)

 《目標金額》 90万円(ネクストゴール180万円に挑戦中)

 《URL》  https://readyfor.jp/projects/miraisplanner

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?