インタビュー07.「パートナーシップの専門家として活動する!」

オフィスE&K合同会社代表 こえりんさん(30代)

MIRAIS:2期~3期所属(2019年4月~2020年3月)※第2子育休中

子供:4歳娘、1歳息子


1.育休コミュニティ「MIRAIS」に出会ったきっかけ、入ろうと決めた理由を教えてください。

MIRAISのことを知る以前に、代表の栗林さんと知り合いで、私が第二子を妊娠して産休に入ったことをSNSで投稿したところ、MIRAISにスカウトされました。

元々第二子の育休中には会社員の業務の範囲ではない、女性の生き方やパートナーシップ、性を見つめ直すセミナーなど、自分だからこそできるイベント等を主催したいと考えていたところでした。MIRAISに入れば自分と同じような育休中の方々と出会えるので、そういったイベント等に共感してくれる人にも出会えるのではないか、という思いを持ってMIRAISに入りました。


2.テーマと、そのテーマに決めた背景を教えてください。

育休テーマ:「パートナーシップの専門家として活動する!」


上述の通り、”自分だからこそできること”を実践することを元々育休のテーマにしていたのですが、その中でもまずはパートナーシップを極めようと思い、このテーマにしました。

というのも、我が家は夫も育休を1年間取得しており、家にずっと夫と私がいるという状況だったので、パートナーシップに関して色々と悩みが出てきていた時期だったんです(笑)

今のWithコロナ時代の先駆けですね(笑)

パートナーシップに関する本を片っ端から読んだり、セミナーに参加したり、そこで得た知識をセミナーとしてMIRAIS内で発信するなどしました。


3.MIRAISに入ってどのような変化があったか、また、復帰後に活かされていることがあれば教えてください。

私は元来ネガティブな性格なのですが、MIRAISでの活動を通じて「どんな形であれ応援してくれる人はいる」と思えるようになり、自分に自信がついたことが大きな変化でした。自分の現状を変えるためには「一歩踏み出す」ことが重要であると常々思っており、そのためには自分を信じる「自己信頼」という力が必要であると思っています。

私の場合、この自己信頼が元々低かったのです。

自分が今後取り組みたい分野も固まっているし、その発想にも自信がありました。

しかし、それをローンチしたとしても受け入れてくれる人がいるのか、実際に試していないので、どうしても不安が残ったままでした。

その不安が元となり、自分を100%信頼することができなかったんですね。

しかしMIRAISに所属する方の多くは、向上心や好奇心が強く、どんな多様性もWelcomeな雰囲気をお持ちの方が多いので、

私が「こんなことをやりたい」「こういうことを思っている」ということを発表すると、「めっちゃいいね!」と全力で応援してくれるんですよね。

自信のないことでも、まずは自分が安心できる場で試すことができる…こんなにありがたいことはなかったですね(笑)

この「セーフティーチャレンジ」を繰り返していくうちに、

「世間の人の100%は分かってくれないかもしれない。けれども絶対分かってくれる人はいる」という仮説は確信へと変わり、自己信頼がぐっと高まったことでチャレンジしたいことへの軽やかさが増しました。


4.MIRAISの活動で思い出に残っていることは何ですか?

4つあるのですが、

1つ目は、オンラインで一緒に活動している遠隔で住んでいるチームメンバーと直接会えたことです。

2期の時にビジコン()に参加する機会に恵まれました。

実はこのビジコンに応募すると決めてから応募締め切りまでの間はわずか1週間で、急ピッチで準備を進める必要があったのです。

このビジコンを通じて、MIRAISが感じている現状課題や実現したい未来像についてまとめ、目指していきたい方向性をそこで決めることができたという充実感にも繋がりましたが、同時に、「自分が実現していきたい世界」というものを自問自答できたとても良い経験になりました。

ちょうどそのタイミングで私は名古屋に帰省する予定が元々あったので、名古屋からオンラインでミーティングに参加していたのですが、一緒に資料の作成を担当していた浜松にいるメンバーと話していた時に、ふと、「あ、名古屋からなら、東京よりも手近に浜松にいけるのではないか」と思い立ち、ビジコンの資料作成を口実に、両親に子どもたちを預けて、一人で新幹線に乗って浜松にいるメンバーに会いに行ったのは良い思い出です(笑)

普段オンラインでしか会っていないメンバーとオフラインで会う感動はひとしおで、何も言わずにしばらく抱き合う時間がありました(笑)

しかし、それもそれまでにZOOMでミーティングをして、濃厚な関係をメンバーと築いていたことが背景にあったからこそ。

オンラインでもオフラインと同じように強い絆を結ぶことができることを実感できました。

(※)新規・戦略チーム:MIRAISメンバー有志で結成され、半年間を通じて活動する、MIRAISを運営する部署のひとつ。(※)ビジコン:ビジネスコンテスト。2019年8月に「日本財団ソーシャルイノベーションアワード」に参加し、MIRAISをアピールしました。


2つ目は、対外イベントとして、有料でセミナーを実施したことです。

「モヤモヤをワクワクに!」というコンセプトで、MIRAISに所属していない人を相手に「モヤワクセミナー」というセミナーを実施したのですが、これがすごく楽しくて!

私は元々頭の中だけで「自分のやりたいことの見つけ方」に関するセミナーをやりたいと思っていたのですが、この時に頭の中にあるものを、初めてしっかりとパワーポイントで資料を作成して、90分のセミナーという形にして、世に産み落とす経験をしました。

通常、こういったセミナーを実施する時は、その内容や実施方法を自分の中で精査して実施するので、少なからず「受け入れてもらえるのだろうか・・・」という不安があるのですが、セミナー内容については、MIRAISのメンバーに一緒に固めてもらった上で、

MIRAISに所属していない人を相手にセミナーをする前に、練習を兼ねてMIRAISの中で何回か実施させてもらって、フィードバックももらっていたので、かなりセミナーの内容や実施方法に自信を持った状態で本番に臨むことができました。

また、このセミナーをいろんな人に受けてもらうためにマーケティング方法などを考えてくれるMIRASメンバーもいてくれたことも、「このセミナー、絶対に成功させる!」という、良い意味でのプレッシャーになりました。

結果、満足度100%という驚異の数字を叩き出すことができました。

自分一人のチャレンジをみんなが応援してくれたこの経験は、本当に自信に繋がりました。


3つ目は、3期でプロモーションチーム()のリーダーをやったことです。

会社の仕事では法務というリスク管理の仕事、つまり、サービスが世に出ていくことについてブレーキをかけることを第一に考える仕事をしているのですが、プロモーションというものはその真逆のものだったので、仕事を見直す契機にもなりビジネスを行ううえでの視点が広がりました。

また、改めて自分はリスク管理の仕事よりも、こういうプロモーションといった「拡散型」の仕事の方がやっていて楽しいなという発見にもなりました。

それと、MIRAISは言ってしまえば全員が子育て中という「制約人材」の集まりなのですが、そうしたチームのリーダーとして、どうマネジメントをしていくかということを常々考えさせられ、良い経験になりました。

マネジメントに大切なのは「雑談」ということもわかりました。これは現在のWithコロナの時代でもチームの雰囲気をよくしていくために必要なこととして、復職後も心がけています。

(※)プロモーションチーム:MIRAISメンバー有志で結成され、半年間を通じて活動する、MIRAISを運営する部署のひとつ。主に、MIRAISの公式SNSで、活動の様子やイベント告知などの発信を行う。


4つ目は、夫と日頃自分たちが思っていることや、子育てのこと、時事問題などをアレコレ話すラジオ風の音声を配信するグループを作ったことです。

夫と一緒に育休を取得していたので、毎日話す機会があり、その中で人生のことや子育てのことについてアレコレ深いところまで話していました。ある時、これをMIRAISのメンバーにシェアしたら面白い化学反応が起きるのではないかとワクワクしてしまったので(笑)Facebookグループを活用して実施したところ、めちゃくちゃ反響が良くて。これ自体をサービスにしてみたら面白いのではないか?特に反響が強かったテーマについて、こんなセミナーができるのではないか?といった新しいビジネスの発想が生まれる土壌となりました。

あと、ただの夫婦の話を配信しているだけなのに、こんなに反響があるんだ、ということについては驚きもありつつも、自分がワクワクというか、ピンと来たこと、つまり情熱を持ってやることは、誰かに必ずその熱が伝わって行くんだなということを身をもって体感した良い経験になりました。


5.今後の目標を教えてください。

目標は、ワクワクしていることをやり続けることなのですが、

MIRAISを通じて「自分がワクワクして生きていたら、その生き方を応援してくれる人が必ずいる!」という自信がついたので、良い意味で、例え私の生き方に反対意見があったとしても、それをあまり怖くなく感じるようになりました。

現在その生き方に拍車がかかっております(笑)

まず、2020年の4月に復職したのですが、7月に会社を退職し、現在は東京と淡路島のそれぞれに家を借りて2拠点生活を行っています。

これだけでも相当型破りだと思うのですが、実績もあまりないのに、すでに会社も立ち上げてしまいました(笑)

特に今ワクワクしていることは、

・MIRAISメンバーに向けてたくさん発信させてもらったセミナーなどを1つにまとめて自分の独自のセミナーを作り発信していくこと

・「同時育休ラボ」という夫婦で同時に育休を取得した人たちのインタビューや私たち夫婦のコラムをまとめたWebマガジンサイトの作成

・SNS、プレスリリース、動画を活用したPRを請け負うこと

・淡路島での生活について発信すること

なので、まずはこの4つをやっていきたいと思っています。

最終的には日本史の教科書に載ることを目指しているので、良い意味で掲載されるように頑張っていきたいと思います(笑)


こえりんさんブログ

https://ameblo.jp/ma2oerico


育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?