【活動レポート】「何で働くのワークショップ」

自分が大切にしたいことを考えよう。

10月22日、目黒区の和室スペースにて、「なんで働くのワークショップ」を開催しました。

ワークショップでは、「なんで働くの?自分が大切にしたいこと」をテーマに、

自分が仕事に求めていることを深掘りしました。

参加者は子供を含めて20人。和室の会場で和気あいあいと話しながら進め、

1時間半があっという間に過ぎました。


■過去を振り返る

ワークショップは、過去を振り返ることからスタート。

「ライフライン」というツールを使い、社会人以降の各自の充実度を時系列で振り返りました。

充実度の波の大きさや、充実度への影響が仕事なのかプライベートなのかも人それぞれ。

充実感が高い時期、低い時期の共通点から、その人なりの充実感のポイントが見えました。

■今を見つめる

続いて、今、自分が大切にしている価値観を明確にするワークを実施しました。

50個近い価値観から自分にとって優先順位の高い5つの価値観を選択。その理由も一緒に考えました。

他の人と選んだ価値観を共有することで、自分の判断軸などをより明確になりました。

■未来を考える

最後は、未来を考えるワークです。

3年後、充実感があり、価値観も全て満たされ、夢や願いも全て叶っている状態を想像し、

その上でこれからやるべきことを考えました。

短時間での実施となりましたが、復帰後にやりたいことのうち潜在的だったものが

顕在化できたという方もいました。

1時間半という短い時間の中で、過去、現在、未来へと思いをはせ、

他の参加者の話に耳を傾けながら、自分の大切にしたいことや価値観を考えました。

参加された方からは、「自分の考えが整理された」「他の人の話から刺激を得られた」

「他の参加者の考えも働き方を考えるヒントになった」という声も。


育休中の少し仕事から離れている今だからこそ、自分の大切にしたいことを考え、

働く理由を振り返る必要性を改めて感じることができました。

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?