『パン作り×子育て講座 米粉or小麦で特急パン「幸せのクローバーパン」を作ろう!』を開催しました!

教育事業の一環でパン作りをされている株式会社imGの藤山智子先生をお呼びして、「特急パンのオンラインパン教室」と「発達・食育・子育て全般に関する相談会」を開催頂きました。

🔶開催概要🔶

■開催日時

2023/3/13(月) 9:30~11:30

■会場

オンライン(Zoom)

■参加人数

50名

■ワークショップ主催

MIRAIS9期 パン部

■内容詳細

 パン部で行っているオンラインパン作りはいつも好評を頂き、作る楽しさや家族の喜ぶ顔、焼きたてパンのあるロイヤルな時間を過ごすことができるという声も多数。そこで、教育事業の一環でパン作りをされている株式会社imGの藤山智子先生をお呼びして、初心者でも簡単且つ時短でできる特急パンを教わりました。

 通常2時間かかるパン作りを60分で行う特急パン!今回のメニューは小さいお子さんがパンをちぎって「はい、どうぞ!」の練習ができるような「クローバーパン」です。アレルギーにも配慮して米粉100%でも美味しく作れます。レッスンでは強力粉の人・米粉の人に合わせて先生がそれぞれの作り方を同時に説明してくれました。好きな具材を巻いて切ってくっつけて、三つ葉や四つ葉のクローバーにしていきます。時短のコツや捏ね方、成形方法はもちろん、パン作りと子育てとの共通点もお話頂きました。パン作りにおいて何分捏ね・何分発酵とおおよその目安はあるものの、数字に捕らわれずパンそのものを見ること。子育ても同じでテストの点などの数字ではなく、その子自身を見ることが大事!パンも子どもも同じ!というお話はとても参考になりました。

 当日50名ご参加いただき、その中で初めてパン作りにチャレンジした方も多く、先生と笑いながら作るパン作りではメンバー全員の笑顔が印象的でした。クローバーの中身はベーコン、餡子、ジャム、卵、ツナ・・・どんな具材を入れたのか皆と話すのも楽しかったです。焼き上がり後の感想では、パン嫌いの子供が美味しい!また作って!と言ってくれた。時短なのに簡単にふわふわな美味しいパンを焼くことができ感動したというお声もいただきました。

 後半は焼き上がったパンを食べつつ、パンや子育てについての相談会を行いました。復職後もパン作りを続ける方法、子供に野菜を食べてもらう方法、トイトレ、双子のワンオペ対応コロナによる隔離での遊び方、子供同士の喧嘩の声掛けなど幅広い質問が寄せられました。

 その中でも印象的だったのが、子供に食べさせる市販のパンについてのお話です。できるだけ健康に良いものを子供に食べさせたいけれど、毎回手作りも難しい。先生からのアドバイスでは「何通りも考え方を持っておくことが大事」なんだそうです。子供が喜ぶ色や味が付いて保存料も豊富に入っているパンをたまに与えても問題ない。栄養価が高く体に良い物を取らせたいという気持ちは一旦外し、ただただ子供が嬉しい!食べたい!という気持ちを育て、子供の知的好奇心を膨らませてあげる。それも食育の一つであると。体に良いものを取らせたい時に無添加のパンを買ったり、手作りを食べさせる。要はバランスであり、あれもこれも満たすことはできないので子供と大人の考え方をわけ、どちらも満足できることを考えることが大切。何を基準にするのか自分軸を決めることだとお話頂きました。

 目から鱗の回答の数々、先生の白熱したアドバイスにメンバーからは『先生がエネルギッシュで、わいわいみんなで一緒に作る感じがすごく楽しかった!』『この数時間で自己肯定感が上がった気がする!』『先生が面白く、アドバイスがなるほど!って肩の力抜ける感じ&涙出そうな時もあった』『パン作りも子育ても前向きになれた気がします!』と喜びの声を多数頂くことができました。

今回のイベントに参加頂いたことでパン作りも子育ても前向きになれ、皆さんの食卓にも笑顔を提供できたと思います。

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?