4周年記念コラム09.「ごきげんママとして、ワクワクする未来をきりひらく」

あだな:まりちゃん

所属期:2期

SNS:https://www.facebook.com/mariko.yokota.73


1. MIRAISの軸となる活動していた際の育休テーマについて、教えてください。

「ごきげんママとして、ワクワクする未来をきりひらく」

今でこそ転職して公私ともに充実した日々を送っている私ですが、MIRAISに参加した第二子育休中はモヤモヤしていました。

「かわいい子どもを保育園に預けてまで心から働きたい仕事とは何だろう」「自分の人生の使命を見つけたい」と。MIRAISの活動期間に「この先どういう働き方がしたいか、どういう生き方をしたいか」しっかり向き合い自分らしい未来をきりひらきたいとこのテーマを設定しました。

私にとって家族が何より1番大切!私が毎日「ごきげんママ」として過ごすことが、家族や周囲のハッピーにつながるはず。あらゆる場面において自分が「ごきげん」でいられる選択をして、納得しながら笑顔で毎日を積み重ねていきたい。その結果として、「自分らしいキャリアは何か」も見極めることができると考えました。


2. MIRAISで得たものを教えてください。

私はイベントチームやいくつかの部活に入っていたので、卒業パーティーの総監督をしたり、編集長としてMIRAISの卒業文集を作成したり色々とチャレンジしたのですが、1番心に残っていることは夢だった「人生計画の講座を主催したこと」です。

私は4歳からの趣味が人生計画なのですが(笑)、将来の夢の1つに「講座を開催して多くの人の人生を前向きにするお手伝いがしたい」という想いがありました。

私はやや完璧主義なところがあって入念に考えてからでないと動けないときがあるのですが、講座のアイディアレベルの段階でMIRAISメンバーに話したところ「聞いてみたい!」「楽しそう!」と背中を押してもらいました。勇気を出して開催をしたところ、多くのメンバーが参加して喜んでくれました。やりたいことを口に出して伝えることの大切さ、信頼できる仲間がいると夢の実現速度が加速することを学びました。

MIRAISで自分がやりたいと思うこと・ワクワクすることを色々チャレンジしたおかげで自信がつきました。行動を重ねることで、「子育て世代、育児と仕事の両立を頑張るママ・パパたちを笑顔にしたい」という自分の思いにも気づきました。「女性支援」「子育て支援」「ワーママ支援」という自分が大切にしたい軸を見つけることができました。私は第二子復職後に年度末まで働ききってから業界も業種も違う今の仕事に転職したのですが、今こうして自分らしくイキイキ働けているのはMIRAISでの経験も大きいです。

MIRAISで出会ったメンバーは、みんな前向きでエネルギッシュな人達ばかりなので話すといつも元気をもらえました。職種も業種も異なるメンバーですが、「有意義な育休を過ごし、人生を豊かにしたい」という想いは一緒。そんな同じ志を持つメンバーと過ごす毎日はとても充実していました。卒業した今でも連絡をとりあっています。

一生大切にしたい仲間が育休中にできたこともMIRAISに参加して得た宝物です。


3. 「わたしの未来宣言」4年後の未来の ”私” へ一言お願いします!

ワクワクしながら毎日を過ごしていたい!

仕事に育児に全力投球。模索し続けた20代。

自分の使命を見つけた30代。

40代の私は、さらに自分らしく、家族との時間を大切にしながら多くの人のお役に立てる自分でありたい。1度きりの人生、後悔ないように毎日を大切に過ごしたいです。

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?