「ママが心地よくあるための体との向き合い方」を開催しました

出産や日々の育児で体に負担がかかるママたち。でも日頃は忙しくてなかなか自分の体に向き合うことができず、体の悩みを抱えているMIRAISのメンバーも多くいました。そこで、産後ケアのプロである竹下浩美先生をお招きして、体を動かしながら自分の体と向き合う方法を教えていただきました。

🔶開催概要🔶

■︎講師

竹下浩美先生:ディズニーランド、ピューロランドでのテーマパークダンサー出身。自身の妊娠・出産の経験から、産後ケアの重要性を広め、指導をしていきたいという思いを抱き、産後ケアのNPO団体(マドレボニータ)で(2009年10月~2021年2月)、のべ3,000人の産後女性に産後ケアを提供。2021年に独立、産前産後の運動指導のみならず、様々な年齢地域・環境の方へオンラインや出張ピラティスを行う。

FTP認定ピラティス&マタニティピラティスインストラクター

​乳がんピラティスインストラクター

産後運動指導者/mammyna bodymethod インストラクター(日本母子健康運動協会)

プレグナンシーボディワーク指導者(日本母子健康運動協会)

PBT認定講師

ウェブサイト:

https://hiropoopoo.wixsite.com/website-t

■日程

9/6(火)10:00〜11:30

■講座詳細

体のお悩みを改善してママが心地よく過ごすために、身体を動かしながら、日頃疲れが溜まりがちな首肩や骨盤まわりを中心に全身のストレッチを行いました。

前半は先生が一つ一つの動きを解説しながら、ゆったりと身体を動かしていきました。先生はZoomの画面越しに参加者の動きを見ながら、正しい体の動かし方を丁寧にレクチャーしてくれました。

後半はMIRAISのメンバーが抱えている体の悩みを改善すべく竹下先生がMIRAIS生向けの10分間のオリジナルストレッチプログラムを開発し、参加者全員でストレッチを行いました。プログラムの中には、MIRAISを表す「M」のマークを作りながら身体を動かすメニューもあり、皆で楽しみながら体を動かすことができました。

先生の指導を受けながら1時間以上身体を動かしたおかげで、イベントが終わったときには肩や腰がすっきりしました。ポーズがうまくできなくても体の動かし方がわからなくても、毎日少しずつ動かしてみることで、体は自然とほぐれていくとのこと。今後もMIRAISオリジナルプログラムを活用して日々の運動を続けていこうと思います。

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?