4周年記念コラム05.「===相手の心に寄り添える人になりたい====」

あだな:ドラちゃん

所属期:3期、5期

SNS:@do_ra_chan_


1. MIRAISの軸となる活動していた際の育休テーマについて、教えてください。

今までの人生を振り返り、最もやりたいこと(やり残していること)を育休テーマにしました。私は人の話を聞くこと・人と人を繋ぐことが得意なところから、もし心理学を勉強したらもっと相手の心に寄り添えるかもしれないと思いながらも行動に起こせずにいました…。MIRAISの活動の軸となる育休テーマ設定では、なぜ今まで行動できずにいたのか、自分が本当に心からやりたいことは何かについて仲間と共に何度も何度もブラッシュアップして考え抜き、ずっとこうなりたいと思っていた“なりたい姿”を育休テーマにしました。迷いに迷ってドキドキしながら参加したMIRAISをチャンスに、自分の幅を一歩・二歩・三歩広げて、色んな人や仕事をみて、私がなりたい姿に説得力のある言葉をMIRAISで見つけることにしました。


2. MIRAISで経験してよかったことを教えてください。

MIRAISの経験は、育休も復職後の未来も想像以上に面白くする。

私は育休を卒業してもMIRAISの情報を発信しています。その理由はMIRAISの経験は、私だけじゃもったいないからです。なんとなく育休がなくなるまで、私は「育休からはじまる未来を応援し続ける」サポーターとして、自分が経験したMIRAISの魅力を伝え、まだ見ぬ未来のメンバーとの架け橋になりたいと思っています。

今やこんなMIRAISへの想いが熱い私も、入る前は本当に大丈夫だろうか…不安とドキドキでいっぱいでした。ちょっとかっこつけた自己紹介も、前のめりで書いたみんなへのコメントも、ちょっと失敗した行動も懐かしい思い出です。

全く自信がないけど挑戦したい!と勇気を振り絞って入ったチームでは、メンバーの高スキルに圧倒されたり、上手くいかず凹んだ日もありましたが、「今ここがチャンス!」と切り替え、私にできることを探し行動し続けました。その結果、チームメンバーから、「明るいパワーで周りにエネルギーを注ぎ込み、どんな場所でも大活躍だった」とフィードバックをもらえたことがすごく嬉しかったです。この経験は、私の強み(役割)を再確認し、“どんな状況でも自分の行動次第で変わることができる”自信につながりました。

そして育休は私の働く未来を180度変える。

育休に入る前の私は、現状維持が安心・安全な状況で受身で働くことが精一杯。

MIRAIS活動を通して、「現状に満足せず常に新しいことに挑戦し続ける」面白さに気づき、仕事でも「自分の強みを活かして会社に貢献していきたい」と決意し、復職1年で職種のコース転換に挑戦し、キャリアアップを実現しました。また、同時に地域社会活動への挑戦も始めました。

新しい挑戦はまだまだ試行錯誤中で上手くいかないことも多々ありますが、そんな時こそ「今ここがチャンス!」と乗り越えてきたMIRAISの経験を思い出します。

MIRAISからはじまった私の未来は、想像以上に面白い!!


3. 「わたしの未来宣言」4年後の未来の ”私” へ一言お願いします!

 「今ここがチャンス!」

-自分の可能性を信じ、目の前にある課題に果敢にチャレンジし続けよう-

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?