教員グループPresents「未来につながる幸せコーチング」を開催しました!

MIRAISには、メンバーの「やってみたい!」を後押しする「MIRAIS助成金」の制度があります。

今回は、MIRAIS7期の教員、教育関係の仕事のメンバー有志が企画した「コーチング×教育」のイベントをご紹介します。


🔶開催概要🔶

■開催日時

2022年3月11日(金)13:30~14:30

■会場

オンライン(Zoom)

■参加人数

43名

■講師

山崎尚子(なおちん)さん

MIRAIS卒業生(1,4,5期)で「育休のリアル」出版発起人!

16年間勤めた英語教師を退職し、現在は3人の息子さんを育てながらメンタルコーチ、公認心理師として活動中。

2022年春から富山県のスクールカウンセラーに着任予定。

なおちんさんの詳しい紹介はこちら↓

https://lit.link/naokoyamazaki


■内容詳細

 本イベントは、MIRAIS7期内の教育関係者のグループで、学校現場で教員としてコーチングを使ってみたい、コーチングについてもっと知りたいね!という思いから企画しました。

そこで、メンタルコーチ、公認心理師として活動されているMIRAIS卒業生のなおちんさんに講師をお願いすることにしました。


当日はまずはコーチングとは何か、という概要をご説明いただきました。

そして、「もし子供が学校へ行きたくないといったらどうする?」といった身近なケーススタディ、子供と話すときの聞き役のルールなどを教えていただきました。


すぐに実践できる具体的な方法に、参加者から「コーチングについて難しいイメージを持っていましたが、できるところから少しずつやれば良いんだなと思えました。」という声が上がりました。


さらに、日本親子コーチング協会が作成した、誰でも子どもの本音を引き出すことができるピットインカードを使って、コミュニケーションをとる方法も紹介していただきました。

(ピットインカードの詳細はこちらをご覧ください)


また、なおちんさんからは「みんなもうすでにコーチだよ!」と励ましてもらい、画面から笑顔がこぼれました。

質疑応答では、「我が子のこんなところどうしたらいい?」と、それぞれの悩みに1つ1つ丁寧に答えてくださり、なおちんさんのお人柄や包容力にみんなで癒される1時間でした。

最後にみんなで、これから実践してみたいことをweb上のjamボードに書き込み、たくさんの気づきを共有しました。


「いつでも、今ここからはじめられる」となおちんさんの言葉を胸に、これからの普段の生活の中にコーチングを活用していきたいです。

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?