しみずみえ先生による『親子で楽しむ あそびの時間』

【開催概要】

  日時         : 2021年8月5日(木) 14:00~15:00

  会場       : オンライン(Zoom)

  参加人数   : 31名

【講師】

 こどもの育ちとあそびの専門家  しみず みえ先生


『子育てに関する情報はたくさんありすぎて、戸惑いやプレッシャーを抱えてしまう』

『復職して子どもと向き合う時間が激減することへの不安や罪悪感がある』


こんな思いを払拭して、親子のあそび時間を楽しむメンバーを増やしたい!という思いから、「親子のあそび」をテーマにしたイベントを開催しました。講師には、キッザニア東京創業メンバーで、子どもの育ちとあそびの専門家である しみずみえ先生にご登壇いただきました。


イベント開催前は、みえ先生から参加者に対して下記のメッセージをいただいていました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「子どもにとって遊びは学び」とか「よく遊ぶと賢くなる」なんて言葉を、最近、見聞きしたことはありますか?

遊びの大切さが、大人たちにも伝わってきたのは良いことです。

ただ「子どもにとって大切なこと」が増えれば、お母さんにとって「ちゃんとやらなきゃいけないこと」が増えます。

遊びも大切、って言われると、「ちゃんと遊ばなくちゃいけない」ってプレッシャーを感じてしまいますよね。

本イベントを通して、そのプレッシャーをなくしちゃいましょう!

遊びの魅力や遊ぶ時のポイント、短い時間でも子どもと楽しめる遊びアイディアなどをご紹介します。「ちゃんと遊ばなくちゃいけない」ではなく、「親子で遊びたい」という気持ちになれるポイントを沢山お伝えしますね!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


このメッセージから「ちゃんと遊ばなくちゃいけない、と考えながら遊んでいることが多いな」と気づきを得て、当日のイベントに臨みました。。

ここからは当日のイベント内容をご紹介します。


プログラム

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

講演「働く母だからこそ知っておきたい『あそび』のこと」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

“あそびとは目的はなくとも、ワクワクすること”

私たち大人は、学びのために遊ばせたり・あそびによる成果を期待したりしがちですが、子どもたちは「学ぶ」という目的をもって遊びはしません。集中力・コミュニケーション能力・問題解決能力など、あそびを通して得られる学びは無数にあるけれど、その学びは夢中になって遊んだ先にあるものなのです。

“あそびの魅力”

「あそび」を通して得られる、自分らしさへの気づきや世界の広がり、主体性、そういったものが自分らしい人生を歩むことにつながっていくと考えています。大人自身が「あそび」のエネルギーと魅力に気付いて、こどものあそびを見守ることにワクワクする、そうなれたらいいですね。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――

第2部 あそびレクチャー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

家にあるものを使ってできる参加型レクチャーを行っていただきました。顔の前でハンカチをひらひらさせながらのいないないばあ、ハンカチを指で挟んで引っ張りっこ、ハンカチをボール状にくるっと丸めて顔や体をつんつん・・・ハンカチ一つであそびの幅を広げられることを、楽しみながら体験しました。ほかにも、お家の中で体を使って遊べる発散系あそびのアイデアもご紹介いただき、一緒に参加した子供たちからも笑みがこぼれる楽しい時間となりました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第3部 質疑応答

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

兄弟がいる場合の遊び方や習い事の悩み、絵本・おもちゃの選び方など、参加者からの疑問質問にじっくりとご回答いただきました。講演中もチャットを活用して参加者の声を拾い上げてくださり、終始私たちに寄り添った温かい言葉かけをしてくださったのが印象的でした。イベント終盤には、先生自身の子育て経験も織り交ぜながら「子育てを通して経験するどうにもならない経験が、人としての幅を広げる」という言葉をかけていただき、参加者がほろっとする場面もありました。


Zoom集合写真

みえ先生の温かい語りに聞き入っていると、親である私達自身の子ども時代や、子どもとの遊び方を振り返っているようでした。今回のイベントを通じて、あそびの魅力を再発見するとともに、子どもたちのあそびへの寄り添い方を考える貴重な機会となりました。


最後に、参加者からの声を紹介します。


●過度な心配や自分の都合を優先するあまり、子供の遊び(=学び)を妨げていることを自覚できました。

●本当に深く学べる点ばかりでした。子どもを見る目が変わりそうです。やめて!じゃなくてどう遊んでるのかな?と視点を切り替えられそうな気がしました。(やめて、ではなく何してるの?とやさしく聞ける余裕や待つ余裕をもてるようにしたいと思えました)

●遊びを通して「自分で楽しめる力をつける」というのが印象的でした。遊びに対する考えが変わりました。肩の力抜いて一緒に楽しめそうです。

●「なるほど、自分の家ではこうできそうだな」と大人の私も発想の広がるお話で、惹きつけられっぱなしの90分でした!


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【講師紹介】

しみず みえ先生

こどもの育ちとあそびの専門家。

玩具メーカーでの企画開発、KCJ GROUP 株式会社でのキッザニア東京の創業、こども向け体験講座の企画運営、保育園の立ち上げ支援などに携わる。

現在は、あそびを通して、おとな・こどもが共に自分らしさを育むことを目指し、こどものための遊びプログラムの提供 及び こどもに関わる大人のための講座や研修を行う。

こども×おとな×しごと プロジェクト

著書:『あそびのじかん-こどもの世界が広がる遊びと大人の関わり方』英治出版

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?