【活動レポート】『復職に向けておしゃれスイッチONしよう!~ワードローブを宝箱に~』

3月1日に、MIRAIS内で活動している「インテリア&お片付け部」の主催で
「パーソナルスタイリストの菊池沙央理さんに学ぶ、『復職に向けておしゃれスイッチONしよう!~ワードローブを宝箱に~』セミナーを開催しました。


子育て中は、汚れてしまっても良い服を選びがち。
それに加えてコロナ禍のステイホームで、ますますオシャレから遠のいていく生活…。

・すっかりワクワクしなくなってしまったワードローブを、復職前にもう一度輝かせたい!
・復職前の今こそ、正しい服選びの基準を知り、自分が心地よいファッションを楽しめるよう準備しよう!
・自分に似合う服と、ありたい自分像を知ろう!

こんな想いからイベントの開催が決定しました。

今回は、「パーソナルスタイリストの菊池沙央理さんとMIRAISメンバー・ガーコちゃんとの対談形式。ガーコちゃんは、沙央理さんのレッスンを受けてオシャレを更に楽しめるようになった1人であり、このMIRAISに沙央理さんを紹介してくれた当人です。
2人の軽快なトークラリーが心地よく、ガーコちゃんの実体験もまじえた、リアルな情報が盛りだくさんの講演となりました。


【菊池 沙央理さんのご紹介】
「人生を変えたい人専門」パーソナルスタイリスト
洋服は”おしゃれ”のためだけに着るものではなく”自分らしさ”を表現するものだ、という信念のもと、『自分らしさ』を表現するための洋服をスタイリングする「人生を変えたい人専門」パーソナルスタイリストとして活動中。個人だけでなく、アパレル会社スタッフ研修や、企業に対しての研修も行なっている。
HP:https://carpediem.jp.net/


イベント前半では、沙央理さんよりハッとさせられる質問が沢山投げかけられました。
グループワークでそれぞれの回答をシェアしたところ、忘れかけていたママ達のファッションへの想いが堰を切ったように溢れ出てきました。

「そういえば、妊娠前はオシャレが好きだった」
「思った以上にやめていることが多かった!」
「子供といると汚れるから動きやすくて楽な服ばかり着ているかも」

洋服は外見への影響はもちろん、心への影響も大きいということ。
ママであっても、ファッションをあきらめない・おしゃれを楽しむ自分を選んで行こうと背中を押してくださるメッセージを沙央理さんからいただきました。

ファッション軸を作るには、自分の「似合う」を知ることが大事ということで
後半は、パーソナルカラー診断による効果と見分ける方法について、レクチャーしていただきました。


パーソナルカラー診断では、カラートーンを顔に当てて似合う色を見つけていきます。
沙央理さん(左) ガーコちゃん(右)


ここでは
「自分はサマーだとおもっていたけど、実はスプリングかもしれない」
「好きな色はオータムだけど、似合う色はサマーだった!」
等、新しい発見が沢山うまれました。

その他、沙央理さんからファッション系統をセグメント分けした資料や、価格帯別ファッションチャート表の共有があると、チャットは盛り上がりを見せました。

ファッションは自分の好み・感覚で商品を選択することが多いと思いますが、表を使って可視化し、あらためて体系立てて整理することで、自分の現在地と目的地の理解を深めることができました。


〜参加者からの感想〜
「通勤でファッションも楽しめると思ったら復職も少し楽しみになってきました!」
「復職後はスティーブ・ジョブズ並みにワードローブを固定しようと思ってたんだけど、やっぱり遊び心も追加しとこうと思いました。」
「月数回の出社みたいだし、それこそ失敗せず、沙央理先生のコーチング&セルフコーチングしながら、慎重に慎重に服選びしていきたいなと思ってます。」

このイベントを通じて、自分のファッション軸を今一度考えることで
・自信をもってオシャレができる
・着ていてワクワクする服を取捨選択(断捨離)できるようになる
・無駄な買い物が増えないので、ワードローブがすっきりする
ということを学ぶことができました。

菊池沙央理先生、ご講演ありがとうございました!

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?