【活動レポート】MYコンパスカレッジ・特別セミナー「転機の活かし方~育休中に新しい働き方に挑戦する女性たち~」

11月10日、MYコンパスカレッジ・特別セミナー「転機の活かし方~育休中に新しい働き方に挑戦する女性たち~」が

パーソルホールディングス株式会社外苑前オフィスにて開催されました。

「育休コミュニティ」代表の栗林さんが登壇することもあり、取材に伺いましたので、

その模様をレポートします。

登壇者のご紹介(敬称略)

岩橋ひかり 株式会社MYコンパス

稲田明恵 パーソルホールディングス株式会社

栗林真由美 MYコンパスラボ所属、育休コミュニティ代表

吉田佐香枝 MYコンパスラボ所属、ヒカルエ事務局


会場に入るなり、おしゃれで明るい空間に驚きました。

後述する稲田さんによると、「働く場所から変える実験場」とのことで、

子連れで働ける会議室まで作ってもらったそう。

こういった空間づくりから働き方も変わっていくことを期待します。

第一部では、MYコンパスカレッジ主催の岩橋さんから

ご自身の育休の過ごし方や転機との向き合い方をお話しいただきました。

【育休中の過ごし方】

1回目の育休は、ママ友作りのため「ママラン部」結成。

復帰し人事の仕事にて「女性活躍」と矛盾する会社の本音が垣間見え悔しかった。

「今の延長上に自分の理想はない」と思いつつ2度目の育休へ。育休中に次の方向性を決めると決意。

経澤香保子さんのブログを見て、立ち上げたばかりのキッズラインで「働かせてほしい」とメールを送り、

当時初となる育休インターンに挑戦。そこで、「仕事はシンプル」と気づく。

2度目の復職と異動が重なり退職。数年後起業するはずが、予定を早めて独立。


【転機とその活かし方】

転機とは、役割、人間関係、ライフスタイル、考え方のうち一つが変わること

出産は全部が変わる大転機。自分の生き方、働き方を変える絶好のチャンスと捉える。

転機では4つのSを意識するのが大切。Situation, Self, Support, Strategies。

中でもself; 自分らしさの理解が重要。自分らしく生きるための3ステップを紹介。

1.思い込みを取り払う → 2. 方向を仮決定 → 3. 行動する

また、キャリア研究で有名な計画された偶然性理論(クランボルツさん)によると、

「意図的に偶然を生み出すことによってチャンスは作れる」。

そのための行動指針は、好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、冒険心 を常に意識すること。

まずは、3ステップを実践することが重要ですね。


第二部は、「たまたまガツガツしていた3人」によるトークセッション。

育休中にやっている(やった)ことの背景・概要と、

皆さんへのメッセージをお話しいただきました。

【稲田さん】

現在復職済み。育休中に他の育休中社員と社内の新規事業コンテストに応募。

子供を背負いながら30~40社訪問し、ママボランとして事業化。

ママボランは、在宅でできるボランティアが中心。副業に当たらないようにボランティアとした。

その代わりママへはサービスで還元しており、他の人に頼る練習として家事代行や総菜宅配などの無料チケットを付けている。

育休中は「今だから楽しもう」とトライしてみて、自分はやはり「新しいサービスを作るのが好き」と認識。

「やりたいことがないと言い訳になりがち。わくわくすることは何だろう?と自問することが大事。」とエールをいただきました。

稲田さんのように、育休中に気になることに挑戦して自分の気持ちを確認するという

過ごし方ができると復帰後も楽しく過ごせそうですね。


【栗林さん】

現在、第2子の育休中。第一子の妊娠判明時に泣いた。

しかし、「子育ては留学」と聞いて価値観が大転換。

育休テーマを「留学」と決めて、育休プチMBAの立ち上げなど様々なことに挑戦した。

今回2人目の育休では、

同志が欲しかったがどこにいるかわからない、有意義な育休を過ごすためのインフラが整っていない、

という構造問題を解決すべくFacebookでコミュニティを立ち上げた。

立ち上げ時の投稿をする際は震えるほどだったが、共感してくれる人、激励のメッセージが多かった。有意義に過ごしたい人が多いと感じた。

自分の違和感に素直に従う。違和感や見知らぬ世界こそが転機のチャンス

会社の価値観ではなく自分の価値観に向き合って考える。素直に認める、そこからのアクション。」

違和感に素直に従う、自分の価値観を素直に認める。

内省できる育休中だからこそぜひ行動の前に実践したいと思いました。

【吉田さん】

現在、第2子の育休中。

今までに2回の転職も経験。(大手サービス業勤務⇒アメリカ留学⇒外資系企業⇒現在BtoBメーカーで管理職)。

育休中は、自分の理想とする「未来の働き方を先取りして実践」とテーマを掲げた。

その働き方とは、どこでも誰とでも成果を出せ、複数プロジェクトを平行して動かすこと。

具体的には、社内での女性キャリア支援PJ、地元流山でワーキングマザー支援コミュニティの運営、

MYコンパスラボでオンラインでのキャリア支援、スリールで育休インターンなどを実施。

そうして行きついたのは、3つの軸(企業・個人・地域)での「女性のキャリア支援」だった。

「転機はチャンス」と考えており、「予測していないことが起きたら驚いたり、慄いたりしても大丈夫!

でも、その変化の波に楽しんで乗ってみることでチャンスに変えることができる。

そして、自ら波を起こすことで転機を作り出すことにも繋がる。だからこそ人生は面白い!」

吉田さんの「変化の波、来てくれてありがとう」という言葉が特に印象的でした。

予想できない波にぶつかっても、それを楽しむくらいの勢いで向き合ってみるとチャンスに変わって、

新しいキャリアや生き方に繋がっていくのかもしれませんね!


トークセッションの後は、参加者同士ペアで今日・明日から何するかを宣言し合いました。

前向きな3人の言葉から一歩踏み出す力をいただきました。

最後に登壇者と会場組・オンライン組、と順に記念撮影をして、盛況に幕を閉じました。

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?