【活動レポート】『復職経験者の悩みがヒント!家庭と仕事、両立のコツ』をともえスクール「親子ひろば」にて実施しました。

\育休コミュニティMIRAIS(ミライズ)新規事業チームによる復職支援イベント!/

復職後の生活関連の悩みを最小限にするためのアイデアを提供することで、忙しい毎日を明るく過ごすヒントにしてもらえたらと思い、新規事業チーム企画、ともえスクール主催で誰もが参加できるオンラインイベントを実施しました。

復職経験者に聞いた事前アンケートの結果の共有後、両立のためのTipsを紹介しました。

MIRAISでは、有志メンバーが集まり「部活」として活動を行っています。今回のイベントでは「料理部」「インテリア&お片付け部」の部長に協力してもらい、両立に役立つ家事のコツを紹介したり、不安に思う方が多い「病児保育」についても前回復職時に活用していたメンバーに経験談を話してもらったりしました。

【開催概要】

日程:2021年3月15日(月)

時間:14:00~15:10

会場:オンライン(ZOOM)

参加人数:70名(MIRAIS内外合計)

参加費:無料

【イベント内容】

STEP1

「復職目前!こんなお悩みあるある!」ということで、まずは事前に復職経験者を対象に行ったアンケート結果を共有しました。


Q1. 復職後の困ったこと

・子どもが急に体調不良で困った

・子どもにイライラして仕事もうまくいかない

・仕事と家事育児に終われ疲労困憊


※ユーザーローカルテキストマイニングツールで分析


Q2. 復職後の悩みをどうやって解決したか

Q1.でも出ていた子どもの体調不良への対応や時間捻出の為に

・病児保育を活用

・親やベビーシッターなどに頼る

・家事代行サービスの利用

など、人や有料サービスに頼るという意見も多数みられました。


STEP2

復職経験者の悩みを共有後は、グループに分かれて感想・復職に対して現在感じている悩みを共有し合いました。

・育休の生活に慣れてしまって、仕事のある生活に時間を戻せるか

・特に朝の時間、子どもに対して心の余裕を持って接することができるだろうか

と復職経験の有無や仕事・家庭環境によって悩みも様々でした。


STEP3

両立のためのTipsを紹介しました。

■時短料理■

料理部より「MIRAISママが選んだ、知っておきたい『時短料理の知恵』5選」を紹介しました。

各作業ごとにどんな時短ができるのか、大きく分けると「事前準備・下ごしらえ」と「加熱・調味」の2つに分けられるとのことです。

①良い道具で時短(チョッパー、スライサー、ハサミの活用)

②下味で時短(お肉や魚を買ってきて、調味してジップロックで保管するなど)

③予め献立を決めておくことで、迷う時間を減らす

④グリルの活用(意外と知られてないグリルの活用方法)

⑤時短調理家電を活用(具材を一気に入れてボタン1つで完成!便利な家電の力を借りる)


■お片付け■

続いてインテリア&お片付け部よりお片付けについてのアイデアを紹介しました。

よく聞かれる「子どもが片付けられない」、この悩みを解決するためには親が片付けの「仕組み」と「環境」を作る必要があるとのこと。

そして、最大のポイントは「モノの指定席」を決める!

子どもでもラクに戻せる指定席を決めてあげれば、片付けの習慣はちゃんと身につくようです。

しかしものが多すぎると、ササっと戻せる“指定席作り”=【収納】が難しくなるので“いらないものを捨てる”=【整理する】ことも必要になってきます。

<指定席作り 3つのポイント>

①子ども目線で片付ける場所を決める

②子ども目線でが自分でしまえるプロセスに

③子ども目線で判断しやすいラベリング

とにかく、子どもの目線に立つことが大事!

<子どもとの関わり方 4つののポイント>

①1つ使ったら元の場所に戻すことを促す

②始めはママが片付け方をゆっくり見せる(年齢が低い子には実況中継が効果的)

③無理強いはしない(年齢が低い時には一緒に片付ける)

④日ごろから物を片付ける習慣をみせる

最後に「片付けたいと思っているのは親である」という言葉を聞き、ハッとしたメンバーも多かった様子。片付けられないからといって子どもを怒ってしまわないように肩の力を抜いて、子どもの目線に立って一緒に片付けをしていきたいと感じました。


■病児保育■

病児保育の経験談では、病児保育サービスにはどのようなものがあるのか、それぞれのメリットデメリットを共有してもらいました。病欠の頻度は1年間で0才20日、1~2歳10日が平均と言われているそうです。

これが「どうしても休めない日」にぶつかったら、あるいは特定期間に集中したとしたらどうでしょうか。しっかりと家庭の方針を決めておく必要があると感じた方も多かったようです。

【感想】

参加者からは

・紹介のあった調理器具や時短調理家電が欲しくなった

・仕組みと環境の整っている保育園はお片付けできているのに納得

・病児保育の全体像がわかりやすく比較されていて参考になった

などの感想を頂きました。パネリストとして協力してくれたメンバーからの濃い情報に参加者の満足度も高く、復職準備の参考になるイベントとなりました。


◆ともえスクール「親子ひろば」とは◆

気になる方はこちらをチェック👉https://tomoe.life/hiroba/hiroba_online

育休コミュニティ「MIRAIS」

「なんとなく育休」をなくそう。 2018年9月より活動する、産・育休中メンバー主体のオンラインコミュニティ。 私たちと一緒に有意義な育休を過ごしませんか?